top of page

Workshop

DEMO.lab WORKSHOP   映像による都市・建築の表現

「まちを歩いて映像を作ろう」

​どんなことをするの?

自分の思うところにしたがってまちを歩いて写真や動画を撮ることによって、まちの断片(小さな映像)を切り取っていくひとりぼっちの漂流と自分がまちで集めた写真や動画をみんなに見せてそれについてディスカッションする集合を繰り返しながら、作品(大きな映像)を作っていきます。

 

登場人物

クリエイター.jpg

メンバー

まちを歩いて写真や動画を撮りそれをエディティングして映像を作ります。ディスカッションとレヴューではプレゼンターとコメンテーターをかけ持ちします。

モデレーター.jpg

チューター

ガイダンスではレクチャーを行い、ディスカッションとレヴューではコメンテーターとファシリテーターをかけ持ちします。

ゲスト.jpg

ゲスト

ディスカッションとレヴューではコメンテーターを務めます。それぞれの映像作品について批評し、その理由などを説明します。

ワークショップの流れ

1

ガイダンス

メンバーは、まちと関係性を持っていく上で必要となるルールの作り方について、チューターからレクチャーを受けます。

 

ガイダンス.jpg

​フィールドワーク(漂流)

2

メンバーは、自分の思うところにしたがって写真や動画でまちの断片(要因)を切り取っていきます。「自分の思うところにしたがって」とは「自律」という言葉に置き換えることができます。自律とは他からの支配・制約など受けずに、自分自身で立てた規範にしたがって行動することを意味します。

フィールドワーク.jpg

3

ディスカッション(集合)

メンバーは、撮ってきた写真や動画をくっつけて、みんなに見てもらい、自分の思うところは何なのかをはっきりさせていきます。他のメンバーは、感じたことや思ったことをコメントします。

話し合い.jpg

4

レヴュー(中間講評会)

メンバーは、これまで撮ってきた写真や動画をならべて、みんなに見てもらい、自分の思うところがどのようにかわっていったかを説明します。ゲストや他のメンバーは、感じたことや思ったことをコメントします。

最終発表.jpg

5

エディティング(編集)とディスカッション(集合)

メンバーは、これまで撮ってきた写真や動画をエディティングして、みんなに見てもらい、自分の思うところは何なのかを説明します。他のメンバーは、感じたことや思ったことをコメントします。写真や動画を並べ替えたり、長さを変えたりするだけでも映像はかわってきます。この段階でも写真や動画を新たに撮ってもかまいません。

編集.jpg

6

ファイナルレヴュー(最終講評会)

メンバーは、自分の思うところがどのように展開し映像に反映していったかを説明します。チューターは、メンバーの映像がどのような道のりを経て出来上りまで辿り着いたかを報告します。ゲストや他のメンバーは、感じたことや思ったことをコメントします。最後にメンバーが作ったひとつひとつの映像をつなぎ合わせて、頭の中にひとまとまりの映像を作っていきます。この大きな大きな映像には、自分たちが作り替えたまちが映しだされていきます。

中間発表.jpg
bottom of page