Copyright ©

DEMO.lab WORKSHOP   映像による都市・建築表現

​どんなことをするの?

簡単に言うと、“まち”を撮影して素材を集めて、それをもとにみんなで話し合いをして、参加者が、それぞれ1つの映像作品をつくるワークショップです。

ここでは順を追って説明していきます。読めば誰でも参加できる内容だと理解してもらえると思います。

登場人物

クリエイター(参加者)

フィールドワーク*をして作品をつくる人

*“まち”を撮影して素材を集めること

モデレーター

グループ内の話し合いを回す人

ゲスト

ワークショップの助けになる情報を与えてくれる人

ワークショップの流れ

ガイダンス

1

1)レクチャー:モデレーターがどのように“まち”を見ているのかの話を聞きます。このワークショップのヒントが与えられます。普段の生活でも役立ちます。

2)動画編集の説明:スマホを使って動画を編集する方法を学びます。デジタルが苦手な人も大丈夫!

​フィールドワーク

2

クリエーターは“まち”に出かけて、動画を撮影します。この時、カメラを動かさずに長めに撮影することをオススメします。思いがけない大切なものが映り込むかもしれません。

3

話し合い

撮影した動画をグループのメンバーに見てもらい、自分が撮影して感じたことを話します。そしてメンバーからコメントをもらいます。自分では思ってもみなかった見方が飛び出すかもしれません。それはとてもワクワクする体験になるでしょう。

4

中間発表

途中経過をまとめて、他のクリエーターに自分の動画を見てもらいます。その時点で考えていることをみんなに伝えて意見をもらいましょう。また、他のクリエーターが撮影してきたものをよく見てそれに対して自分なりの意見を頭の中で考えてください。もちろんそれを発言するのもOK!

5

編集

中間発表でのアドバイスを受けて、動画を編集していきます。これまでに撮影した動画を並べ替えたり、長さを変えたりするだけでも大きく映像作品のクオリティーが変わってきます。もしも、撮り足りない動画があれば少し足してもいいかもしれません。

6

最終発表

完成した映像作品を上映します。上映前にワークショップの中で自分が何に興味を持ち、どのように作品がつくられたか簡単に説明しましょう。ここまでたどり着けばすごい力を手にしているはず!それが何なのか興味がある人はぜひ参加してみよう!